【FF7リメイク】クラウドの頭痛の原因は?【クラウドの正体】

バイクに乗るクラウドFF7リメイク

作中に何度も出てくるクラウドが頭を痛がるシーン。

え?このシーン何!?

クリアしても分からないんだけど!

FF7リメイクではこれが何を意味しているのかが分からずエンディングを迎えます。
以下はネタバレ。

クラウド

クラウドは宇宙生物「ジェノバ」が埋め込まれた実験体です。

ジェノバ細胞は他人の記憶にあわせて自分の姿、声、言動を変化させる能力があります。

親友であるザックスから聞いた話、自分で見たことを混ぜ合わせて幻想の自分を造りだし、その自分を演じ続けています。

なので、造られた幻想が矛盾していることや過去(一般兵だったときなど)の出来事に対し頭を痛がっています。

本記事ではFF7リメイクのクラウドの正体について解説します。(原作のクラウドの設定で解説します。)

スポンサーリンク

クラウドの正体

クラウドの正体は原作のFF7をプレイすれば分かります。

クラウドは「ソルジャー」では無かった!

ガードスコーピオン

クラウドは「ソルジャー」と名乗りアバランチの作戦に参加していましたが、なんとクラウドはソルジャーではありません。

クラウドはセフィロスに憧れソルジャーになろうとしますが、ソルジャーにはなれずただの一般兵でした。

それが恥ずかしくて誰にも言えずにクラウドの故郷でもあるニブルヘイムへの任務に同行します。

ニブルヘイム事件

セフィロス

一般兵として任務で行ったニブルヘイムである事件が起きます。(話が長くなるので短く説明します。)

クラウドたちはニブル山の魔晄炉で魔晄に浸かっている人間らしきものを見つけます。

神羅カンパニーは魔晄炉でモンスターを作っていました。

そして、一緒に任務に参加していた英雄「セフィロス」がソルジャーも魔晄を浴びた人間で自分もこうして作られたモンスターではないかと疑問を持ちます。

神羅屋敷に篭ったセフィロスは自身が古代種再生計画により作られた人間だと知ります。

その後気がおかしくなったセフィロスと対峙し、魔晄炉に落とすことに成功しますが、クラウドは神羅に捕まります。

セフィロス・コピー

その後クラウドはセフィロス・コピーとして実験台サンプルにされてしまいます。

ジェノバ細胞は他人の記憶にあわせて自分の姿、声、言動を変化させる能力があり、クラウドはザックスから聞いた話や自分で見たことを混ぜ合わせて幻想の自分を演じ続けます。

スポンサーリンク

FF7リメイクの続編ではクラウドの真実が明らかに!?

原作のFF7、リメイクでもミッドガル脱出ではクラウド自身についてはあまり語られません。

原作では終盤になってようやくクラウドの真実の姿が分かり、セフィロスとの最終決戦に挑みます。

FF7リメイクの続編でも演出や表現の仕方が変わっているかもしれませんが、クラウドの真実が分かるでしょう。

まとめ

  • クラウドは宇宙生物「ジェノバ」が埋め込まれた実験体。
  • ジェノバ細胞は他人の記憶にあわせて自分の姿、声、言動を変化させる能力がある。
  • 造られた幻想が矛盾していることなどや過去のことに対し頭を痛がる。
  • FF7リメイクの続編でもクラウドの真実が分かるイベントはあるはず。

© 1997, 2020 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
CHARACTER DESIGN: TETSUYA NOMURA / ROBERTO FERRARI
LOGO ILLUSTRATION:©1997 YOSHITAKA AMANO

コメント

タイトルとURLをコピーしました