FF7リメイクの体験版が配信開始!プレイしてみた感想・バトルシステムを紹介!

FF7リメイクタイトル画面FF7リメイク

2020年4月10日(金)発売予定のFINAL FANTASY VII REMAKE(FF7リメイク)の体験版が2020年3月2日より配信開始しました。

本体験版ではゲーム冒頭の「壱番魔晄炉爆破作戦」がプレイ可能です。

体験版のプレイ時間は大体1時間ぐらいです。

また、体験版を5月11日までにダウンロードすると4月10日以降にPS4用のテーマがダウンロード可能になります。

本記事では体験版をプレイした感想を紹介します。

スポンサーリンク

FF7リメイク体験版のプレイした感想

FF7リメイク体験版は冒頭の「壱番魔晄炉爆破作戦」がプレイ可能です。

PS版と同じオープニングで、クラウドたちが列車に乗って壱番魔晄炉に行くシーンからプレイが始まります。

圧巻のグラフィック、ロードが短くてテンポが良いです。ボスはやや強く時間がかかりますが、慣れてくると面白い。

FF7リメイク体験版感想
  • 圧巻のグラフィック
  • ロードが短くてテンポが良い
  • バトルはアクションとコマンドの融合、複雑なコマンド入力はなし
  • ボスとのバトルがメインで時間がかかる
  • カメラアングルが気になる
列車に乗るクラウド
FF7リメイク冒頭シーン

体験版では壱番魔晄炉爆破作戦でバレットやアバランチのメンバーと一緒に爆破ミッションをクリアしていきます。

エアリス
エアリス

グラフィックはとにかくキレイ!エアリスかわいい!

圧巻のグラフィック

壱番魔晄炉爆破作戦
壱番魔晄炉爆破作戦

とにかくグラフィックがきれいです

また、移動中や戦闘中にキャラクターが会話してくれるので面白いです。

特にバレットは盛り上げ役みたいな感じで良くしゃべります。

ロードが短くてテンポが良い

ロードが短く全く気になりません。(というかロードあるのか?というぐらい)

さくさくと進めて1時間があっという間に過ぎていきました。

バトルはアクションとコマンドの融合、複雑なコマンド入力はなし

バトルシステムはアクションとコマンドを融合したシステムになっています。

特に複雑なコマンド入力は必要なく、□ボタンを押せば攻撃、×ボタンで回避などで簡単に出来ます。

また、「クラシックモード」というのがあって通常攻撃はオートアタックで攻撃してくれて、魔法やアイテム使用などは自分で選択する従来のコマンドバトルに近い戦いができます。

FF7リメイクバトルシーン
FF7リメイクバトルシーン

ボスとのバトルがメインで時間がかかる

ガードスコーピオン
ガードスコーピオン

ボス戦に関しては、やや難しく、ボスとのバトルがこのゲームのメインという印象を受けました。

ボスにあまりダメージが出ず、結構時間がかかります。

ダメージも結構くらうのでボスの動きを見ながら臨機応変に攻守を切り替えるよう戦う必要があり、面白いです。

鉄骨で回避しながら戦う
ガードスコーピオンのテイルレーザーは鉄骨で回避可能

鉄骨を利用してボスの技を回避できます。他のボスにもこのような戦い方をしながら攻略していくのではないかと思われます。

カメラアングルが気になる

カメラアングルがやや近いのが気になります。

設定で一応変えられます。

スポンサーリンク

FF7リメイクのバトルシステム

PS版のFF7ではコマンドバトルでしたが、FF7リメイクではアクションとコマンドの融合です。

バトルはアクションとコマンドの融合

バトルは一人を操作し、操作キャラクターを切り替えながら闘います。

バトル操作は以下の通りで、複雑なコマンド入力は必要ありません。

バトル操作
  • △ボタン:固有アビリティ
  • □ボタン:たたかう
  • 〇ボタン:COMMAND
  • ×ボタン:回避
  • L1ボタン:ショートカットキー
  • R1ボタン:ガード
  • L2・R2ボタン:仲間のコマンドを支持
  • R3ボタン:ロックオン
  • 十字キー:操作キャラクターチェンジ

△ボタン:固有アビリティ

△ボタンを押すことでキャラクターの固有アビリティが発動します。

クラウドの場合は攻守のバランスが良い「アサルトモード」と攻撃力に特化した「ブレイブモード」を切り替えることができます。

モードチェンジ
モードチェンジ

ブレイブモードは移動が遅くなりますが、□ボタンでの攻撃が「強撃」に強化されます。

さらに敵の近接攻撃をガードすることでカウンターが発動します。

モードチェンジ2
ブレイブモード

□ボタン:たたかう

□ボタンは通常攻撃を行います。

長押しすると周囲への範囲攻撃を放つことが出来ます。

時間経過や□ボタンで敵を攻撃すると「ATBゲージ」がたまっていきます。

ATBゲージがたまるとアビリティや魔法などの行動が実行できるようになります。

こうげきのやり方

〇ボタン:COMMAND

〇ボタンはCOMMAND(コマンド)で魔法やアイテムを使用できます。

コマンド選択中は「ウェイトモード」になり、動きがスローモーションになるので、じっくり戦略を考えながら戦えます。

×ボタン:回避

敵の攻撃を回避できます。

L1ボタン:ショートカットキー

L1ボタンを押し、〇/△/×/□ボタンを入力することで魔法などを実行できます。

R1ボタン:ガード

ガードはダメージは完全には防げず、多少HPは削られます。

敵の行動パターンをうまく読んで使う感じですかね。

ガードに成功するとダメージが減るだけでなくATBゲージもたまります。

ガードのやりかた

L2・R2ボタン:仲間のコマンドを支持

例えば、クラウドを操作しているときにバレットにコマンドメニューを操作できるようになります。

一々操作キャラを切り替える必要はなくなります。

R3ボタン:ロックオン

敵をロックオンできます。

R3を左右に動かせば切り替えができます。

ロックオンしないと攻撃が空振りしやすくなるのと敵を見失いやすくなるので、ロックオンして戦いましょう。

ロックオン方法

十字キー:操作キャラクターチェンジ

体験版ではクラウドとバレットが操作でき、 十字キーで操作するキャラクターの切り替えができます。

操作キャラ切り替え方法

クラシックモードで従来の戦い方ができる

クラシックモードは通常攻撃をオートアタックで攻撃してくれます。

ATBゲージがたまったときに魔法やアイテム使用などが自分で操作し、従来のコマンドバトルに近い戦いができます。

クラシックモードでもキャラクターは操作して動かすことはでき、ゲーム中に変更でも出来ます。

敵をバースト状態にして戦おう

特定の攻撃や一定のダメージを与えると「HEAT」と表示が出て敵が大きく体制を崩します。

このときにアビリティや魔法を当てるとバーストゲージが一気にたまり、バースト状態になります。

バーストとは

バーストした敵は、無防備になりダメージが大きく上がります。

また、バースト中に固有アビリティで攻撃すればATBゲージが大きくたまります。

バーストの効果

FF7リメイク発売日

FF7リメイクは2020年4月10日(金)に発売予定です。

ミッドガル脱出までの原作をもとにオリジナル要素を加えた作品です。

発売日 2020年4月10日(金)
対応機種 PlayStation®4
ジャンル RPG
プレイ人数 1人
CERO C:15才以上対象

© 1997, 2020 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
CHARACTER DESIGN: TETSUYA NOMURA / ROBERTO FERRARI
LOGO ILLUSTRATION:©1997 YOSHITAKA AMANO

コメント

タイトルとURLをコピーしました