FF7リメイクの体験版をプレイして分かったバトルのコツを紹介!

FF7リメイクバトルシーンFF7リメイク

FINAL FANTASY VII REMAKE(FF7リメイク)の体験版が2020年3月2日より配信開始しました。

体験版をプレイして分かったFF7リメイクのバトルのコツを紹介します。

本記事の内容
  • FF7リメイクのバトル操作
  • FF7リメイクのバトルのコツ
スポンサーリンク

FF7リメイクのバトル操作

PS版のFF7ではコマンドバトルでしたが、FF7リメイクではアクションとコマンドの融合で、移動と戦闘の間にロードはありません。

敵が現れたらスムーズにバトルが始まります。

操作キャラは一人で、キャラクターを切り替えながら戦います。

FF7リメイクのバトル操作

以下はFF7リメイクのバトル操作です。

バトルの操作は複雑なコマンド入力は必要ありません。

バトル操作
  • △ボタン:固有アビリティ
  • □ボタン:たたかう
  • 〇ボタン:COMMAND
  • ×ボタン:回避
  • L1ボタン:ショートカットキー
  • R1ボタン:ガード
  • L2・R2ボタン:仲間のコマンドを支持
  • R3ボタン:ロックオン
  • 十字キー:操作キャラクターチェンジ

関連記事:FF7リメイクの体験版が配信開始!プレイしてみた感想・バトルシステムを紹介!

スポンサーリンク

FF7リメイクのバトルのコツ

以下がFF7リメイクの主なバトルシステムです。これらをうまく活用して戦いましょう。

FF7リメイクのバトルのコツはバーストさせて攻めろ!
FF7リメイクのバトルシステム
  • たたかう
  • クラシックモード
  • ウェイトモード
  • ショートカット
  • バースト
  • 仲間コマンド
  • リミットブレイク
  • ロックオン
  • 操作キャラクターチェンジ
  • 回避とガード

たたかうで攻撃するとATBゲージがたまる

□ボタンで攻撃するとコンボがつながります。

また、攻撃することでATBゲージがたまるのでどんどん攻撃していきましょう。

□ボタンで攻撃してATBゲージをためてアビリティや魔法で攻めるのが基本的な戦い方です。

ATBゲージとは

ATBゲージがたまるとコマンドが使用できます。

コマンドではアビリティ・魔法・アイテムが使用できます。

ATBゲージの説明

クラシックモードで従来の戦い方ができる

クラシックモードは通常攻撃をオートアタックで攻撃してくれて、ATBゲージがたまったときに魔法やアイテム使用などが自分で操作し、従来のコマンドバトルに近い戦いができます。

クラシックモードでもキャラクターは操作して動かすことはでき、ゲーム中に変更でも出来ます。

ウェイトモードでアクションが苦手の人も安心

ウェイトモードとはバトル中にコマンドメニューを開くと、時間の経過が遅くなるモードのことです。

例えば、ポーションを使いたいときコマンドボタンを押し、誰に使うかを考えてるときにウェイトモードになります。じっくり戦略を考える時間が生まれ、アクションが苦手の人も余裕をもってプレイできます。

ショートカットでアビリティや魔法がすぐ使える

ショートカットにコマンドのアビリティや魔法を登録することですぐに使用できます。

バーストさせて攻撃しよう

敵のHPゲージの下にバーストゲージがあり、特定の攻撃や一定のダメージを与えると「HEAT」と表示が出て、敵が大きく体制を崩します。

このときにアビリティや魔法を当てるとバーストゲージが一気にたまり、バースト状態になります。

ボス戦はバースト状態にさせて攻めると早く倒せます。
バーストとは

バースト状態になると敵は無防備になりダメージが大きく上がります。

バースト中に固有アビリティで攻撃すればATBゲージが大きくたまるので、効率よくためて強力なアビリティや魔法で攻撃しましょう。

バーストの効果

仲間コマンドを活用しよう

L2、R2ボタンで仲間のコマンドメニューを開き、コマンド入力が可能です。

操作キャラクターを切り替える必要がなくなります。

リミットブレイクで固有技を使用できる

敵からダメージを受けるごとにリミットゲージがたまります。

ゲージがたまると各キャラ固有のリミット技が使用できます。

FF7リメイクバトルシーン

ロックオンを活用しよう

ロックオンすることで敵を見失うことなく戦えます。

ブレイバー

キャラクターチェンジをうまく使って戦おう

キャラクターによって得意な攻撃があります。

例えば、バレットは遠隔攻撃なので離れて攻撃でき、飛んでいる敵や高い場所にいる敵に対して有効です。

実際に体験版出てくる敵にはそういう状況がいくつかあるので、試してみましょう。

バレットの特徴

回避とガードをして戦おう

回避は敵の攻撃を避けられます。

ガードはダメージを完全には防げませんが、ATBゲージがたまります。

ガードのやりかた

まとめ

  • バトルは複雑なコマンド入力はない
  • たたかうで攻撃するとATBゲージがたまる
  • クラシックモードで従来の戦い方ができる
  • ウェイトモードでアクションが苦手の人も安心
  • ショートカットでアビリティや魔法がすぐ使える
  • バーストさせ攻撃しよう
  • 仲間コマンドを活用しよう
  • リミットブレイクで固有技を使用できる
  • ロックオンを活用しよう
  • キャラクターチェンジをうまく使って戦おう
  • 回避とガードをして戦おう

© 1997, 2020 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
CHARACTER DESIGN: TETSUYA NOMURA / ROBERTO FERRARI
LOGO ILLUSTRATION:©1997 YOSHITAKA AMANO

コメント

タイトルとURLをコピーしました