FF7リメイクは面白い?クリア後の評価・感想!

FF7リメイクタイトルFF7リメイク

FF7リメイクって面白いの?

2020年4月10日(金)に発売された「FINAL FANTASY VII REMAKE(FF7リメイク)」が面白いか気になりますよね。

本記事ではFINAL FANTASY VII REMAKE(FF7リメイク)のノーマルクリア後の評価・感想をまとめました。

スポンサーリンク

FF7リメイクのクリア後の評価・感想

FF7リメイクの難易度ノーマルをクリアしたので、評価・感想をまとめます。

  • バトルが面白い
  • グラフィックが綺麗
  • アバランチのメンバーのイベントが追加
  • カメラワークが気になる
  • 行ける場所が少ない

バトルが面白い

FF7リメイクバトル

FF7リメイクのバトルのシステムはアクションとコマンドの融合の融合です。
そして原作でもあったマテリアのシステムでキャラクターに特徴を出せるので面白いです。

敵がノーマルでも結構強く、やりがいがあるのが良いですね。

アクションとコマンドの融合

アプスの弱点属性は炎

原作のFF7のバトルシステムはコマンドバトルでしたが、FF7リメイクはアクションとコマンド入力の融合です。

ただボタンを連打して攻撃してるだけではボスに勝つのは難しいです。
通常攻撃でATBゲージをためて敵の弱点を付きながら戦ったり、キャラクターを切り替えて戦うので戦略性があり面白いです。

関連記事:FF7リメイクの体験版をプレイして分かったバトルのコツを紹介!

マテリアで戦い方に特徴を出せる

ほのおマテリア

また、原作の「マテリア」システムを採用しており、武器と防具にセットすることができます。

キャラクターごとに特徴を出して戦うことができます。

武器と防具にマテリアをセットし、魔法やアビリティが使えるようになります。

グラフィックが綺麗

ミッドガル風景

FF7リメイクはグラフィックがとても綺麗な作品です。
キャラクターの表情や風景が綺麗な映像で楽しめます。

また、原作では表現しきれなかったミッドガルの風景や住む人々の様子を見ることができます。

アバランチのメンバーのイベントが追加

ジェシー

原作のFF7ではあまり出番が少なかったアバランチのメンバーですが、FF7リメイクではクラウドとビッグス・ウェッジ・ジェシーと一緒に行動するチャプターも用意されているので楽しめます。

特にジェシーが可愛いです。

カメラワークが気になる

体験版をプレイした時も感じましたがカメラワークが近いです。そもそもミッドガルという狭いエリアなので仕方ないのかもしれませんが、端で戦う時は敵がどこにいるのかわからない状態のときがあります。

私は大丈夫ですが、人によっては酔ってしまう人もいるかもしれません。

行ける場所が少ない

基本的にRPGは色々な村や町、ダンジョンがあり冒険している感がありますが、FF7リメイクは舞台がミッドガルだけで、更に行ける場所が特定されています。

もうちょっと行ける場所があってもよかったかもしれません。

スポンサーリンク

まとめ:不満もあるけど面白い

バイクに乗るクラウド

カメラワークなど不満はありますが、全体的にFFをプレイしているというのを感じます。

個人的に面白いと思ったのが、敵が強いことです。武器やマテリアの組み合わせを変えて戦うのが戦略性があります。

原作のFF7をプレイした方が楽しめる

原作をプレイせずにFF7リメイクをプレイした方は結構いるかもしれません。
そういう方は是非プレイした方がいいです。

プレイすることで「古代種(セトラ)とは何か」、「セフィロスの目的は?」、そして「クラウドの過去」などが分かります。

関連記事:【FF7】リメイク版発売に備えてストーリーを完全解説!

© 1997, 2020 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
CHARACTER DESIGN: TETSUYA NOMURA / ROBERTO FERRARI
LOGO ILLUSTRATION:©1997 YOSHITAKA AMANO

コメント

タイトルとURLをコピーしました